中性脂肪とコレステロールは同じ?

トップページ ⇒ 中性脂肪とコレステロールは同じ?

中性脂肪とコレステロールは同じ?

中性脂肪とコレステロールは同じものと認識していないでしょうか?2つとも脂肪ではありますが、その役目は異なります。脂肪というのは、上記の2つの中性脂肪とコレステロールのほか、脂肪酸とリン脂質に分けられます。

 

中性脂肪とは、溜めておいて普段は使わないエネルギーのことです。コレステロールとは、細胞やホルモンのもとになるものです。脂肪酸とは、人間が活動するために必要なエネルギーのなかでも、いつでも使うことができるエネルギーのことです。

 

リン脂質とは、細胞膜を形作っているうちの1つです。そのうちのコレステロールは、善玉コレステロールと悪玉コレステロールがあります。悪玉コレステロールのほうは、食べ物に入っていたり、肝臓で生成されたりするもので、細胞やホルモンのもとになります。この悪玉コレステロールの厄介なところは、多くなってしまうと、血液の中で固まってしまって、血液の流れを妨げ、動脈硬化の原因になることです。

 

そのようなことを防いでくれるのが善玉コレステロールで、余分な悪玉コレステロールを肝臓に戻してあげる作用を善玉コレステロールは持っています。しかし、中性脂肪の値が高くなると、善玉コレステロールの量が少なくなってしまいます。いわゆる、高脂血症で、血液の中の中性脂肪の量が正常な量よりも高くなるということが起きます。

 

この高脂血症の怖い部分は、自覚症状がないことです。自分が気づかないうちにどんどん病状が悪化してしまうのです。この高脂血症になっているかを調べるには血液検査が有効で、定期的に健康診断などをするようにしたほうがいいでしょう。